第1章:誘われて行った初めてのスロット 裏モノ:ジュラシック7

2000年冬…
当時スロットなんて全然興味なく、一生する事もないと思ってた私をパチンコ屋に連れていってくれたのは兄でした。
スロットは1回目は必ず勝つ…
結構有名ですよね、ビギナーズラック
兄は私を連れていってビギナーズラックで勝たせて自分で美味しい思いをしようと考えたのでしょう。軍資金も兄が出してくれました。

店に着くとオジサンやオバサン、若いお兄ちゃんまで客層は様々でした。
「○○番台昨日あれから出た?」
「止めてから2箱持って帰ってたで〜」
開店前はオジサン達のこんな話で店の前は盛り上がってましたが、私は常に挙動不審…
だって初めてギャンブルをする訳ですから。兄にお金を出してもらったにしても、もしも負けたらどうしよう…そんな事ばかり考えてました。

店が開くと同時に私は兄と走って、必死に取った台はジュラシック7という台でした。
恐らく知らない人も多いんじゃないかと思いますが…
これはボーナス絵柄が非常に見にくく、初心者の私には7を揃えるなんて至難の業でした。
でも隣に居る兄に「毎ゲーム7を狙って」と言われ、ただひたすら7だけを狙ってましたね。
そして7が揃うと他のお客さんに注目を浴びるくらい一喜一憂…(笑)
当時は7は狙えば揃うもんだと思ってたけど、それは大きな間違いだった。
ちゃんと押してるんだけど全然7揃わないよ〜って一人で嘆いてたのが記憶に新しいです。

しかもこの台!!
裏モノという激しい連チャン性を持つ台だったらしく、当時打ってた人は皆凄い顔して打ってました…
まさに鉄火場という感じでしょうか。
連チャンするとどこまで続くか分からない状態に入り、親戚のおっちゃんなんて裏モノ台で50万円勝った事もあると言ってたくらいですから。
スロットを知らない私からしてみると
「1日でそんな勝てるの?そんなに勝ったら3ヶ月遊んで暮らせるじゃん。」
と、月収18万円の私にはまさに次元が違う世界…
今日もしも50万円買ったら…兄に5万円渡して自分は残りの45万で好きなもの買おう!って張り切って打ってましたね。

そこまで張り切って打った私の初日の結果?肝心の私の出玉はというと…
15000円換金して終わりました(汗)
スロットでは20万円勝ちも余裕であると聞いてただけに少しショックでしたが…
それでも1万円の勝ちっていうのは私にとってみればとても大きなものでした。
必死に働いて月収18万円程でしたから、3時間で1万円も儲かるなんて驚きでした。
まぁ勝ち額は少なくても一応はビギナーズラックは通用したって事ですね。

何故か殆どの人が最初は勝ちますが、ごく稀に一番最初のスロットでも負ける人が居ます。
そういう人って私の経験上、ギャンブル運が全く無い人なんです。
のちに知り合ったスロット仲間に聞いてみても初回負けた人は今でも負け組ばかり…私はこの時勝ってて良かったなって思いました。

いや、この時負けていさぎよくスロットから離れた方が良かったのかもしれません…
この時はまだあんな事になるなんて思いもしなかったんですから…

[第2章:アラジンAで奇跡の40万円勝ち すべてはここから始まった]続きを見る。

備考:
当ホームページ内の裏モノ情報に関しましてメーカー様とは一切関係ありません!!
裏モノとはあくまで裏業者が勝手にメーカー様に断りもなくこっそりプログラムを改ざんしたものです。

人気の記事ランキング

アイムジャグラーEX特集

その他のおすすめ記事

4号機の解析攻略特集

北斗の拳

北斗の拳

パチスロの歴史には欠かせない北斗の拳!今となっては貴重な確率情報を一挙公開!

ミリオンゴッド

ミリオンゴッド

パチスロ至上、もっとも極悪機種であろうミリオンゴッド!社会現象にもなりました。

アラジンA

アラジンA

ATブーム全盛期の象徴!一撃6万枚となるSACは一度は引いてみたかった。

獣王

獣王

4号機ATブームの火付け役となった獣王!もはや知らない人はいないはず!

吉宗

吉宗

1G連という機能を世に広めた吉宗!爺BIGのキーンでお茶をこぼす人続出?

ページトップへ