第5章:北斗の拳で台選び成功!設定6奪取 第二次パチプロ生活開始

現時点で借金総額450万円…軍資金は30万円程…
通常なら無謀とも言える行為かもしれませんが、私にはこれしかありません。
約3年ぶりのスロット…かつての裏モノも姿を消し、現行の機種も見た事もないようなものばかりでしたが、とりあえず北斗の拳が人気っていう事はスロットをやっていなかった私でも知ってた事なので、第二次プロ生活は北斗の拳からスタートしました。

第二次プロ生活の初日は勉強がてらに軽く打つ程度で、北斗がどんな演出・出方をするのかを調べる事から始めました。
夜には市販の攻略本を買って北斗について猛勉強…
あらゆる確率や、リスクの高さ等、全ての確率を頭の中に叩きこみました。
ここが一番大切なんですよね。稼ぐ人・負ける人というのは運でも決まるかもしれませんが、私は一番ここが重要だと思います。
無知のまま打ったって低設定を長時間打つだけで何のメリットもありません。
とりあえず知識…全て1日で叩き込みました。

そして次に大切なのが店舗選び…
私がかつて第一次プロ生活時に通っていた店は店長も代わり、ボッタクリ営業になっていたので新規OPENしたパチスロ店を拠点にする事にしました。
店舗を選んだら店の設定配置のクセ…台選びですね。
これは数日で分かるものではありませんでしたが、私は北斗のシマで一番長期間出ていない台に座り、設定判別を行うようにしてました。

結果的にはこの台選びが成功、1週間に2.3回は設定6に座る事が出来たんです。
この店舗は据え置きは基本的に無し、カド台も無し、前日高設定の台も無し、基本的には上げ狙いで高設定を奪取する事が可能でした。
北斗の拳も相性は最高に良かった。そして設定6を打てば結構な割合で万枚近くにいった事も事実です。
1週間に1回万枚を出し、万が一設定6以外でラオウ昇天したら即帰宅なんて事をして収支を絶対にマイナスにしないように心掛けてました。
でもこの時期に現代の設定判別機器(カチカチ君)が存在してたらもっと高確率で…効率良く設定6を座れたでしょうね。

とりあえずマイナス収支を出さない戦法で私はこの初月で約50万円程度…
2ヶ月目には月収70万円程度になる程順調にプロ生活を過ごしていました。
プロ生活開始から3ヶ月経った頃には借金も100万減って350万円程になる位に。

これだけの台選びを成功させて、月収70万は十分凄いと自画自賛しますが…
本当に凄いのはこれからだった。
あの一言で私の月収は100万を軽く超えてしまったんですから…

[第6章:まさかのサクラの勧誘…本物か? 月収130万を記録した時期]続きを見る。

人気の記事ランキング

アイムジャグラーEX特集

その他のおすすめ記事

4号機の解析攻略特集

北斗の拳

北斗の拳

パチスロの歴史には欠かせない北斗の拳!今となっては貴重な確率情報を一挙公開!

ミリオンゴッド

ミリオンゴッド

パチスロ至上、もっとも極悪機種であろうミリオンゴッド!社会現象にもなりました。

アラジンA

アラジンA

ATブーム全盛期の象徴!一撃6万枚となるSACは一度は引いてみたかった。

獣王

獣王

4号機ATブームの火付け役となった獣王!もはや知らない人はいないはず!

吉宗

吉宗

1G連という機能を世に広めた吉宗!爺BIGのキーンでお茶をこぼす人続出?

ページトップへ