第9章:裏社会のタブーを犯した私…結末は 危機一髪

パチプロ生活を始めてから5ヶ月経った頃、私の借金も勿論大幅に減り、残りは約80万程度。
そして3ヶ月以上毎日のように設定6を打ってお金を荒稼ぎしていましたから当然周りの常連さんからは流石に怪しまれるようになってました。
田舎なので私が情報を持ってるという噂は友人にまで広がり、友人関係も若干悪くなったりもしました…。

そんな時に思った事が、自分が持つ情報を影で他の人に売る…
そうすれば自分が情報代として裏社会の方に支払う1万円は台を打たなくても回収出来るようになり、人数を増やすとその分だけ収入が自動的に入ってくるんじゃないかって思ったんです。

当然これは裏社会の人と最初にサクラの契約をした時点できちっとタブー扱いとして約束をしてました。
この時はタブーを犯したらどうなるかという事なんて考えずにただ「自分が回りの人間に怪しまれてる&楽して儲かる…」という事だけしか頭になく、実行してしまったんです。

仲が良かった常連さんに声を掛けて交渉を持ちかけた所、当然即答でOKでした。
ただ…意外にも私が情報を横流しした事は裏社会の方に即バレました…
大ハマリする設定6を不自然に打ち続ける人は毎日不定期に様子を見に来ていた裏社会の方の目に留まったようなのです。
打っていた常連さんが私と特に仲が良かったので余計怪しかったんでしょう…
怪しいと思った裏社会の方は私が設定6情報を横流しした常連さんを外に連れていき、事情を聞いた所、白状してしまったそうで…

それがバレた瞬間私も外に連れていかれ、車に乗せられ事情聴取…
その時に話をした裏社会の方はちょっと不機嫌になる程度&説教で済みましたが、本当に怖かったのはその事件があってから3日後くらい…

3日後、情報を回してくれてた大元のヤ○ザの組長さんの家に招待されました…
組長さんの家に招待されるまでも、色んな裏社会の人と会って説教を食らう羽目になったんですが、この日だけは本当に怖かった…
「もう地元におられないかも…」とか「下手すりゃ殺されるんじゃ…」とか
色々考えてたけど実際映画みたいにはならなかった。

「君一人が自分勝手な事をすると皆が迷惑する事になるんや。情報を提供してくれてる店長もそうやけど、ワシらもこれを商売にしとる。まだ始めて数ヶ月、これからもこの商売を続けていきたいって思っとるんや。たった一人の欲が皆に迷惑掛けるんやからな?こんな事は二度としたらあかんぞ。」

そうきつく言われ、私ももう二度とこんな事はするまいと反省しました。
予想以上に怖かったけど、予想以上に組長さんが優しかった事はいうまでもない。

この事があってから、情報を売る側に回らないかと言われるようになりました。
簡単に言うと、情報代として1万円を徴収し、その内の5000円を裏社会の人に回し、残り5000円は自分の懐に入れるというものでした。
自分が信用出来る人間を5人程選んで店に送り込んで、その5人が毎日情報を買えば自分は毎日25000円の定期収入が入るという事…
勿論断る事も無く、私は自分が信用している人達に声を掛け、今度は堂々と情報を売る側に回りました。

今度はストレスも無く、毎日店に様子を見に行くだけでかなりの定期収入が入ってくるようになりました。
こういう発展が起きた事は私がタブーを犯した事が原因であり、この事だけに関しては良かったなって思いました。
この事件が無ければ私は毎日負けたらどうしようなんてストレスを感じながら必死にスロットをやってたでしょうから。
ただ…もうあんな怖い思いは二度としたくないものです。

[第10章:遂に借金ゼロ!! 自由の身に…サクラ引退…そして…]続きを見る。

人気の記事ランキング

アイムジャグラーEX特集

その他のおすすめ記事

4号機の解析攻略特集

北斗の拳

北斗の拳

パチスロの歴史には欠かせない北斗の拳!今となっては貴重な確率情報を一挙公開!

ミリオンゴッド

ミリオンゴッド

パチスロ至上、もっとも極悪機種であろうミリオンゴッド!社会現象にもなりました。

アラジンA

アラジンA

ATブーム全盛期の象徴!一撃6万枚となるSACは一度は引いてみたかった。

獣王

獣王

4号機ATブームの火付け役となった獣王!もはや知らない人はいないはず!

吉宗

吉宗

1G連という機能を世に広めた吉宗!爺BIGのキーンでお茶をこぼす人続出?

ページトップへ